お金を使わせるだけ使わせて、もう取れないと思ったら捨てられる。

大怪我をして下半身麻痺になった途端にホストから縁を切られた

ハルカはあわてて反対側の階段を下り始める。「え?あいつって誰のこと?悪い、今、眠くて頭まわんないや。それよかさあ、来月は大丈夫?金作れた?」こんなに困っているときに助けてくれない。それどころかお金の話ばかり。金、金、金。私はやっぱり拓海の金づるだったのか……。急に車の騒音が何も聞こえなくなった。それと同時に目の前の景色が蚕気楼のように揺らぎはじめた。「あっ」と思ったときには、階段を下りる足を踏み外していた。目の前に硬いコンクリートが迫る。

シャンパンの泡や拓海の顔、気持ち悪いオヤジの迫ってくる顔が走馬灯のように現れては消えていく。まるでスローモーションを見ているかのように、ゆっくり、ゆっくり場面を変えながら……。味噌汁の味見をしていると、炊飯器のメロディが流れ、ご飯が炊けたことを知らせてくれる。急がなければ大事な会議に遅刻させてしまう。不自由な身体をどうにか動かして朝食の準備をすすめる。

「もう少しでできるからね。のろくてごめん」「いいよ、無理しないで。朝飯くらい抜いても構わないから」「ダメよ。少しだけでも食べてって」「わかった。じゃ、先に髪、セットしてくるよ」炊きたてのご飯と味噌汁、玉子焼きに納豆を手早く並べながら、ハルカは幸せを感じていた。あのとき、貧血を起こして階段から転落したハルカは頭を強打し、意識不明の重体に陥ったのだ。意識が戻ったのは、2ヶ月後だった。外傷はほとんどないものの、下半身の感覚がまったくない。脊椎を損傷して下半身が麻痺してしまったのだ。両親や友達、そして拓海にまで連絡をしてくれたのは正人だった。
興味がありながらなかなかホスト 求人に応募できないという方は多いと思います。基本お客様は若い男性には甘いものなので、よほどの失礼がなければそれほど怖がることはないと思います。


指先から足元まで、完壁に見えた。それだけではなく、身体全体から何かギラギラとした炎のような覇気を感じる。これまで席についたホストとはちょっと雰囲気が違う。「あれ?俺、顔になんかついてます?悦子さん」みと「あ、ごめんなさい。

あまりにかっこよくて見惚れてしまいました」「あら、やっとお気に入りが見つかったみたいね。その子、いい男でしょ」前沢社長が冷やかしを入れる。「ええ、ステキな方ですよね」「悦子さん、恋に落ちるのは一瞬よ。それを楽しむところなの。ホストクラブって」「え?まさか。恋だなんて……」笑ってごまかしていたものの、心臓の鼓動が外に漏れているのではないかと思うほど高まっているのがわかる。(ダメよ。

最新情報
2013/09/16 Recommendを更新しました。
2013/09/12 新着記事を更新しました。
2013/09/11 客が来ない日を更新しました。
2013/09/08 転勤の多い銀行員を更新しました。
2013/09/06 完壁なサービスを更新しました。
2013/09/04 献身的に世話を更新しました。
2013/09/03 大怪我をして下半身麻痺になった途端にホストから縁を切られたを更新しました。
2013/08/31 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
AIR GROUPラブホストホスキス
ホストの質、数ともに歌舞伎町ホストクラブでトップクラスのエアーグループ初心者・経験者関らず大歓迎!寮代、交通費全て支給、貴方のホスト生活を完全サポート東京新宿歌舞伎町・埼玉のホストクラブ・ホスト求人情報